関西学院中学部図書館

利用案内推薦図書図書館関連行事
図書館活用授業校内文芸コンクール


読書科

中学部3年間の読書科の流れ
中学部3年間の成長段階に応じたレポート作成過程

 中学部は、十年一貫教育の最初の3年間にあたり、「学ぶ」ことの基礎を固める大切な時期です。その準備教育のひとつが、「読書」の授業です。
 中学部の生徒は中学部図書館の4万冊の書物と、大学図書館の150万冊の書物や資料も自由に利用できます。本を読むことは、すぐれた先人たちの考え方を知り、意見を交わすこと。新しい世界に目を開き、課題を見つけ、自ら知の探求者となることです。人類と自然に対する愛と関心が、課題発見の出発点になります。


3年生が自分で調べてまとめたリサーチレポート

 これからの社会では、自分の考えや思いをみんなに示すことが求められます。「読書」の授業では、本を読むことをもとにして、みんなに伝えるための文章を書く能力を高めます。それは、物事を深く考えることにもつながります。
 図書館を中心として、いろんなところから必要な資料を集め、内容を整理してまとめます。それについて深く考え、自分の文章として発表することを学びます。これらの基本ができていれば、コンピュータなどの新しい道具も簡単に使いこなすことができます。「読書」の授業を通して、樹木が年輪を刻むように、思考の節をつくり、着実に成長してくれるよう願っています。

10分間読書

 10分間読書は読む力の減退、読書量の減少への対策として、「朝の読書」に範を得て始められました。読書科や各教科の協力で、週1〜3回授業はじめに10分間行われます。始業のチャイムと同時に全員で黙読し、10分経過後、読んだ本の書名やページ数を読書記録カードに記入します。


読書科のカリキュラム



オリエンテーション−中学部・大学図書館

  • 入学前の推薦図書
    • 合格者招集日に4冊を推薦、販売
    • ルイス『ライオンと魔女』やピアス『トムは真夜中の庭で』など
    • ブックトークの実施
  • 中学部図書館オリエンテーション
  • 大学図書館オリエンテーション(中学部生徒証で利用可能)
    • 見学レポートの作成と指導
  • 公共図書館見学
    • 見学レポートの作成と指導


図書館とは−歴史、種類、分類、目録など

  • 図書館の歴史
  • 図書館の種類(公共・学校・大学・専門)
  • 図書の分類
    • 分類の種類
    • NDCの仕組み
  • 図書の目録
    • カード目録の原則
    • カード目録の作成
    • コンピュータ目録(OPAC)


本の基礎知識

  • 本の部分の名称
    • 背、扉、のど、見返しなど
  • 本の流通
    • 再販制度など
  • 本の未来
    • 本と他のメディア
    • 本の長所、短所


文章を読む技術・書く技術−アメリカ式読書法

  • 吉野源三郎『君たちはどう生きるか』より
  • 教養書と文芸書
  • アメリカ式読書法(コンポジション理論)
    • トピックセンテンスとサポーティングセンテンス
    • パラグラフの仕組み
    • アウトラインをつくる
    • サマリーを書く
  • 読書の方法とスタイル
    • SQ3R法
    • 速読法


情報整理の原理−カードの利用

  • 梅棹忠夫『知的生産の技術』より
    • B6カードを用いる理由、方法
  • コンピュータによるデータベースの原理
  • B6カードを使った演習
    • 友達の人物カードの作成
    • 「兵庫県内の市町村」など、テーマごとのカードの作成


知識獲得法−百科事典、参考図書、新聞など

  • 百科事典
    • 誕生日のゆかりの人物について、百科事典の索引からスタートし、関係事項を調べる
  • 参考図書(来年度実施予定)
    • 個々人別の参考図書を使った課題プリントを仕上げる
  • 新聞
    • 切り抜きの資料化(戦争関連の記事)
    • 事実と意見の違い


リサーチレポート−テーマの設定

  • 修学旅行の行き先(長崎など)に関する概要を学ぶ
    • 講義、百科事典、参考図書、本、ビデオから
  • 仮テーマを2つ導く
  • 仮テーマの1つから疑問点を10点以上導き、その1点を中心に、面接により、最終的なテーマを決定する
  • テーマ例:
    • 「なぜ長崎に原爆は投下されたのか」
    • 「島原の乱は宗教戦争なのか」

リサーチレポート−参考文献の探索、購入

  • 仮テーマに基づき、参考文献一覧カードを作成する
    • 仮テーマに関する参考文献を網羅する
    • OPAC、書誌類、テーマに関する本の参考文献表などから
  • 仮テーマに基づき、参考文献大要カードを作成する
    • 調べていく上で有用かなど、参考文献の大要をカード一枚にまとめる
    • 中学部図書館はもちろん、大学や公共図書館の本も利用する
  • 以上から、仮テーマに基づき、調べていく上でもっとも有用とされる参考文献を2冊を各自が購入する

リサーチレポート−アウトラインの構築

  • 木下是雄『レポートの組み立て方』より
  • 目標規定文の作成
    • レポートのグランドデザインを構築
    • 200文字前後の文章で表現
  • アウトラインの構築
    • 一度目は各自で自由に組ませる
    • それをもとに、面接によって、一応の確定版を組む
    • その後、探究の進展によって、変更する場合がある

リサーチレポート−情報カードの作成

  • アウトラインに沿ったカードを作成(約50枚)
  • 情報源は本が中心
    →インターネット情報はとりあえず禁止
    • 高校における情報科との兼ね合い
    • 本に慣れ親しむことを優先
    • 情報の確からしさがまちまち
  • 情報カードは必ず1枚で完結(200文字程度)
    →そのままレポートのパラグラフに
  • トピックセンテンスを明確にする
  • 文章を中心に、表や図なども
  • 出典を必ず明記する

リサーチレポート−論文用紙への記入

  • 論文用紙の使い方、文章の書き方
    • ワープロ書きは認めない
  • 仮表紙と目次
  • 序論と結論
  • 本論
  • 修学旅行による体験学習
    • 机上で調べたことをよりリアルに

リサーチレポート−仮製本

  • 「かたち」になる→生徒のモチベーションに
  • 以前は美術科との協同で製本していた

リサーチレポート−プレゼンテーション

  • レジュメの作成
    • B4の白紙1枚、雛型を提示
  • プレゼンテーション
    • 基本的には各自に配布するレジュメと口頭による説明のみ
    • 各グループでプレゼンテーションを行い代表者を決める
    • 各グループの代表者はクラス全員の前でプレゼンテーションを行う
    • 各グループの代表者以外はそのプレゼンテーションに対する質問を行い、代表者はそれ対して回答する
    • 聴衆はそれを記録する


3年間の読書を振り返る

  • 3年間の読書生活でもっともよかった本についての思いをカード一枚に記録する
  • カードは整理、保管され、後輩たちが本を読む参考にする


読書科カテゴリ内のページ一覧

関西学院中学部図書館 - 読書科

製作・著作/2006-2017 関西学院中学部図書館  〒662-8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン