関西学院中学部図書館

利用案内推薦図書図書館関連行事
図書館活用授業校内文芸コンクール


リサーチレポート−テーマの設定

  • 修学旅行の行き先(長崎など)に関する概要を学ぶ
    • 講義、百科事典、参考図書、本、ビデオから
  • 仮テーマを2つ導く
  • 仮テーマの1つから疑問点を10点以上導き、その1点を中心に、面接により、最終的なテーマを決定する
  • テーマ例:
    • 「なぜ長崎に原爆は投下されたのか」
    • 「島原の乱は宗教戦争なのか」

リサーチレポート−参考文献の探索、購入

  • 仮テーマに基づき、参考文献一覧カードを作成する
    • 仮テーマに関する参考文献を網羅する
    • OPAC、書誌類、テーマに関する本の参考文献表などから
  • 仮テーマに基づき、参考文献大要カードを作成する
    • 調べていく上で有用かなど、参考文献の大要をカード一枚にまとめる
    • 中学部図書館はもちろん、大学や公共図書館の本も利用する
  • 以上から、仮テーマに基づき、調べていく上でもっとも有用とされる参考文献を2冊を各自が購入する

リサーチレポート−アウトラインの構築

  • 木下是雄『レポートの組み立て方』より
  • 目標規定文の作成
    • レポートのグランドデザインを構築
    • 200文字前後の文章で表現
  • アウトラインの構築
    • 一度目は各自で自由に組ませる
    • それをもとに、面接によって、一応の確定版を組む
    • その後、探究の進展によって、変更する場合がある

リサーチレポート−情報カードの作成

  • アウトラインに沿ったカードを作成(約50枚)
  • 情報源は本が中心
    →インターネット情報はとりあえず禁止
    • 高校における情報科との兼ね合い
    • 本に慣れ親しむことを優先
    • 情報の確からしさがまちまち
  • 情報カードは必ず1枚で完結(200文字程度)
    →そのままレポートのパラグラフに
  • トピックセンテンスを明確にする
  • 文章を中心に、表や図なども
  • 出典を必ず明記する

リサーチレポート−論文用紙への記入

  • 論文用紙の使い方、文章の書き方
    • ワープロ書きは認めない
  • 仮表紙と目次
  • 序論と結論
  • 本論
  • 修学旅行による体験学習
    • 机上で調べたことをよりリアルに

リサーチレポート−仮製本

  • 「かたち」になる→生徒のモチベーションに
  • 以前は美術科との協同で製本していた

リサーチレポート−プレゼンテーション

  • レジュメの作成
    • B4の白紙1枚、雛型を提示
  • プレゼンテーション
    • 基本的には各自に配布するレジュメと口頭による説明のみ
    • 各グループでプレゼンテーションを行い代表者を決める
    • 各グループの代表者はクラス全員の前でプレゼンテーションを行う
    • 各グループの代表者以外はそのプレゼンテーションに対する質問を行い、代表者はそれ対して回答する
    • 聴衆はそれを記録する


関西学院中学部図書館 - リサーチレポート

製作・著作/2006-2019 関西学院中学部図書館  〒662-8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155

トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ ログイン