関西学院中学部図書館

利用案内推薦図書図書館関連行事
図書館活用授業校内文芸コンクール


Form プラグイン Ver1.0

  作成者:やじるし
  ライセンス:GPL

Formを表示して外部サービス(cgiなど)を起動します。

{{form 外部サービス,(オプション),コントロール}}

外部サービス、オプション、コントロールは,(カンマ)で区切ってください。

外部サービスは呼び出したいURLを記述してください。自サーバ内のサービスの場合でもhttp://で初めてくだい。

オプションは次のものがあります。
  e:タグ<>のチェックをしません。
  g:method="GET"になります。無指定(ディフォルト)はPOSTになります。
  s:スタイルシートを設定します。
  b:結果を新しいウインドウで開くように出来ます。
  t:結果をウインドウ全体で開くように出来ます。
  name="フォーム名":ディフォルトはFORMになります。
  enctype="エンコード形式":ディフォルトは出力しない。
  accept-charaset="文字コード":ディフォルトは出力しない。

複数のオプションを記述する時には空白文字で区切ってください。
  例:g s name="FORA1"

コントロールには、html表記で記述します。
  INPUTで始まっているコントロールはそのままINPUTコントロールになります。
    例:INPUT TYPE="形式" NAME="シンボリック名" VALUE="文字列" SIZE="文字数" MAXLENGTH="最大入力可能文字数" SRC="URL" CHECKED ALIGN="位置"
  SELECT、OPTION、TEXTAREAも同様です。
  OPTIONコントロールは、SELECTコントロールに続いて記述してください。
  SELECT、TEXTAREAの終わり、は_SELECT、_TEXTAREAとしてください。
  FORMのコントロール要素でない表示の為に、Pが使えます。
    P=文字列 or P="文字列"の書式で記述してください。
    eオプションが指定されている時のみ、P<文字列>の書式が使えます。
    OPTIONの表示やTEXTAREAのディフォルト表示にはPを使用します。

空白文字をコントロールの区切りとして認識します。空白文字を記述したい場合には"(ダブルコーテーション)で括ってください。

+INPUT、+SELECT、+TEXTAREA、+Pとすると直前で改行します。


一部のコントロールは省略記述できます。

正規            省略
ACCEPT-CHARSET AC=
CHECKED         CD
INPUT           I
+INPUT          +I
OPTION          O
MAXLENGTH      ML=
NAME           N=
SELECTED        SD
SELECT          S
+SELECT         +S
_SELECT         _S
SIZE           SI=
TYPE           T=
TEXTAREA        TA
+TEXTAREA       +TA
_TEXTAREA       _TA
VALUE          V=

関西学院中学部図書館 - formプラグイン

トップ 一覧 検索 ヘルプ ログイン